婚約指輪で大事なことはダイヤです!リングとデザインにも慎重に!

ダイヤモンドの評価をあらわすのはカラット!

婚約指輪を購入する男性の95%はダイヤモンドを選びます。そのため、このダイヤモンドを評価する基準について理解を深めておいて損はありません。評価基準には、カラット、カラー、カット、クラリティの4つがあります。これらは通常4Cと言われます。この中でもカラットが広く知られているものです。これは重さをあらわす単位で、この単位が大きくなるとその分だけ価値が高いです。反対にカラット数が小さくなれば価値も低くなります。婚約指輪に使われるものは0.3カラットが多いです。

カラット以外の評価基準には3つあります!

ダイヤモンドの質を決定するのはカラットだけではありません。他にもカットがあります。これは研磨状態の単位であり、輝きをあらわします。また、カラーは色の単位です。ダイヤは透明度が高ければ高いほど価値があります。さらに、クラリティは透明さをあらわしています。カラットが最も重要な試金石になりますが、これらにも注目して購入すると良いでしょう。指輪でもっとも目立つものは宝石なので、購入するさいには慎重に行うことです。

リングの素材とデザインで人気のものはこれです!

婚約指輪のリングで選ばれるものはプラチナが人気があります。ブラチナはダイヤモンドの輝きを引き立てる作用があります。そのため、宝石にダイヤモンドを選ぶときに素材としてよく使われます。また、リングや宝石以外にもデザインも大切です。デザインにはソリティアが人気があります。これは宝石が1粒だけついているもので、婚約指輪の定番のデザインです。シンプルですが、存在感もあらわします。統計的には全体の半分以上の男性がソリティアを選んでいます。

結婚指輪の人気のイマドキは、「他にはない二人だけの指輪」です。オーダーメイドで素材やデザインを選び、指輪を作製することが流行しています。