できるだけ費用は抑えたい!結婚式での節約ポイント3選

知ってる?ウェディング業界の「オフシーズン」

なにかと費用のかかってしまう「結婚式」。しかし、オフシーズンを押さえると、式場によっては何十万と節約できることがあるのです。この式場でしたいけど、高い!なんてこともよくある話。では、オフシーズンを狙ってみてはいかがでしょうか。結婚式に人気の時期は、春や秋の気候がいい季節。そして大安などお日柄の良い日。予定の立てやすい午前から午後の早い時間です。するとその逆、7月や8月の真夏、1月2月の真冬。仏滅、ナイトウェディングはオフシーズン。ナイトウェディングはキャンドルの光が映え、とっても神秘的な雰囲気に。現在は六曜を気にしない方も増えてきました。また式場は冷暖房完備なので、式、披露宴中はオフシーズンでも快適ですよ。

パソコンが得意な方!ペーパーアイテムを手作りして

意外と大きな出費になるのが、席次表、席札、招待状などのペーパーアイテム。業者に頼むと、なかなかの出費になってしまいます。そこでパソコンが得意ならぜひチャレンジしてほしいのがこれらペーパーアイテムの手作り。これだけでも数万円の節約に!今や結婚式用の無料の素材がダウンロードできるサイトも増えてきました。パソコンが得意な方なら特に、フォーマットを作ればさくさくっと完了してしまいます。もちろん、パソコンはちょっとという方も、チャレンジしてみる価値ありですよ。

ずっと記念にも残せる!造花でブーケを手作り

またもや驚くことに、意外な出費の正体のひとつは「生花」。もちろん、ブーケ、新郎が胸につけるブートニアも含まれます。また、生花なのでせっかくの式後は永く保存しておくことはできません。それなら、お色直し用だけでもブーケ、ブートニアを造花で手作りしてみませんか。実は、ハンドメイドやデザイナー、結婚式用に造花がたくさん売っているお店もあるのです。造花だと生花より金額が抑えられるうえ、なによりずっと保管が可能。新郎に内緒でブートニアを手作りして、当日のサプライズにしてもいいですね。

結婚式を節約するために、見積もりでプランナーに相談します。自分達で明確に費用を抑えたいところを伝えると、見積もりの段階で値引きをしてくれます。